スタッフのひとりごと
blog

2018年3月Vol.69 ちょこっと小噺 2018年11月09日

※小噺は過去分を随時アップしております。内容に時差がある場合もありますが、是非ご覧ください。

 

こんにちは、紙コップ担当の趙航(ちょうこう)です。今月は、サクライの「サクッと小噺」の代わりに、私の「ちょこっと小噺」をお送りします。

 

私はサクライの小噺が大好きで、サクライから「代わりに小噺書いてごらん」と言われてとても緊張しています。「サクッと小噺」を楽しみにして封筒を開けた皆さま、私も頑張って書きましたので、どうか今回はこれで辛抱してください。来月はサクライの小噺になりますので、ご安心ください。

私は中国人で中国生まれです。大学から日本に留学するまではずっと中国で過ごしました。日本に来てからよく中華料理について聞かれるのですが、実は「中華料理」と言ってもいろんな地域のいろんな種類があります。「和食」と言っても地域によって特色があるのと同じです。

 

私の実家は中国東北地方にあり、小籠包やふかひれスープや北京ダックは食べたことがあります。でもエビチリや杏仁豆腐や天津飯は食べたことがありませんでした。旅行で北京を訪れた時に屋台で初めて杏仁豆腐を食べましたが、そのあと来日してから食べた日本の杏仁豆腐の方がずっと濃厚で好きな味でした。

 

そんな感じで、中華料理の知識は偏っている私ですが…これだけはお伝えしたいことがあります!
中国の東北地方の1億2000万人を代表して、いや、中国北部の5億2000万人を代表して言いたいです。

「餃子とラーメン」「餃子と白米」を一緒に食べるのは考えられません!

中国人の感覚では、お米と小麦粉は主食で、野菜や肉や魚はおかずです。餃子の場合だと、皮は主食、中の具はおかずです。主食とおかずが絶妙のバランスで融合していて、本当に天才的な発明なのです。この2つの要素(皮と具)だけで主食とおかずが十分完結しているので、そこにラーメンやお米が入る隙はありません。

実際に私は餃子だけで満足できるので、お米を口に入れるタイミングがよくわかりません。まるで、おしどり夫婦に無理やり三角関係を作ろうと割り込むような…心苦しい気持ちになります。餃子を食べた後に頑張ってお米を食べようとしても、お米の相手が誰もいないので今度はおかず探しに困ります。

どうしても餃子と何かを食べるなら、スープや他のおかずと(頑張って)一緒に食べて(あげて)もいいです。おかずが一品増えるのは構いませんが、主食が増えるのは考えられない、という感覚なのです。
「お米とスパゲッティ」が変な組み合わせ…という感覚に似ています。

餃子が大好きな私ですが、ちなみに一番おいしい食べ方はやはり熱湯でゆでた水餃子だと思います。日本人の友達に「焼き魚も煮魚も美味しいが、刺身が一番!」と言われて半信半疑だった私が、来日して初めてお寿司を食べて「これは魚の別世界だ!」と感動したのに匹敵すると思います。皆さまぜひ水餃子を試してみてください。焼き餃子が5個で限界の方なら、水餃子は10個いや15個はペロッといけます。水餃子を食べているうちは、他の料理がまったく欲しくなくなるはずですよ。

あぁ餃子の話になるとよだれが止まりません~今夜は餃子にしようかなぁ♪

詳しく見る

年に一度の 2018年11月08日

こんにちは。
販売企画の駒田です。
先日、あまりにも気持ちの良い天気だったので、
DIYに挑戦しました。
近所のリサイクルショップで購入したレトロな椅子のカラーリングです。

ダイニングを明るくしたかったので、
今回は淡いラベンダー色に塗り替えます。

ネットでやり方を調べると、
まずこの塗装をはがす為に椅子全体をサンディング(ヤスリがけ)します。
勿論電動工具などないので、狭いマンションのベランダで1人、
紙ヤスリを手にごしごしと地道にこすりました。
途中で、

「私は何をやっているのだろう・・・」

なんて正気に戻りそうでしたが、もう後戻りは出来ません。
ひたすらこすること40分、ツヤが消えてこんな感じになりました。

さて、いよいよ色塗りです。
賃貸なので、ベランダに古新聞を敷いて絶対汚さないよう、
気をつけて行います。

ペンキやハケは100円均一で調達しました。
ペンキは白とブルーとピンクが、小さいボトルにそれぞれ入っています。
こんなちょっと洒落た塗料が100均で手に入るなんて。
昨今のDIYブームのおかげですね。

ペンキを塗る工程は全体を大胆に塗るだけだったので、楽しい作業でした。
大雑把な性格ですし、ラフな感じにしたかったので、
ハケの跡が残っても気にしません。

最初は下地にグレーを塗って、
その上からラベンダーを重ねて、
所々わざと削って下地をみせると、
アンティーク風で良いな~なんて想像していたのですが、
実際に作業をしてみると、

「もう一工程増えるなんて無理! 早く完成させたい!」と

根気の無さゆえ、これで完成としました。

そして、ペンキで色を作っているときはラベンダー色だったのですが、
塗って見るとほとんど白色に・・・。

それでも模様部分もきれいに浮き出ているし、
これはこれで満足としました。

次は来年の秋頃に、何かDIYに挑戦したいと思います。

詳しく見る

最近のハマりごと 2018年11月07日

こんにちは。
コールセンターの本多です。
 
最近私は傘にハマっております。
というのも、1ヶ月前からダイエットの為に
片道3kmの道のりを毎日歩いて通勤しているのですが、
最近朝晩は寒くなってきて、
「こんな寒い時に雨が降ってきたら大変!」
と思ったのがきっかけでした。
 
傘について調べてみたところ、
最近は傘にも様々な種類があるのですね!
今回はその中でも特に気に入った傘を紹介させていただきます。

それがこちらの「逆さ傘」

一見普通の傘ですが、実はこれ、

傘を閉じる時に、外側(雨で濡れている面)が内側に格納される傘です。
 
開いた状態では 黒い面が外側 にきますが、
閉じると黒い面が内側へ格納されます!


 
この傘には本当に感動しました。
普通の傘だと、傘を閉じてまとめてバンドを留める時に、
どうしても雨に濡れた部分に触る必要があります。
しかし、この傘なら濡れた部分が内側に隠れるので、
手が触れるのは乾いた部分のみ。
閉じたり開いたりするときに手が濡れないのは、
嬉しいポイントだと思います。
そして、込み合った電車や車に持ち込んでも周りを
濡らしてしまう心配がありません。
 
傘の種類といえば、
せいぜい色と大きさの違いくらいと思っていましたが、
こういった画期的なものが増えていると知って驚きました。
 
もし気になった方がいらっしゃいましたら、
是非試してみてください。

以上、本多のハマりごとでした。

詳しく見る

我が家の防災対策 2018年11月01日

こんにちは。
物流の尾関です。
今回は我が家の防災対策を紹介します。
今までこれといった対策をしておりませんでしたが、
この度、防災グッズをネットで購入しました。その名も、

「何を揃えれば良いか分からない人におすすめ、
  3日間生き抜くための81点セット」

セット内容は、
LEDライト・エアーマット・ブランケット・簡易トイレ・軍手・マスク・救急セット・保存水・アルファ米・温めずにそのまま食べられるレトルトカレー・スティックようかんなど様々な防災グッズです。

なんとか付属のリュックにおさまりますが、かなり重量があります。
しかし、この防災セットだけはまだ不安で、保存水も20Lほど購入しました。

重量はさらに増しましたが、
これでなにか災害が起こったとしても生き抜けそうだ!
という安心感も増しました!

ただ、防災用の非常食はおいしくないイメージがあります。
そんな方におすすめの非常食が、みんな大好き「ビスコの保存缶」です。

もしもの時、普段食べ慣れている食品が安心感を与えてくれますし、
長期保存可能ですので、備蓄品にするにもぴったりです。
賞味期限が近づいてきたら、普段のおいしいおやつになります。

 

ちなみにこの「ビスコの保存缶」はP.D.R.でも販売しているので、
気になった方は是非P.D.R.のホームページも覗いてみてください。

URL:https://shop.pdr.co.jp/goods/index.html?ggcd=series-789

地震、豪雨など、近年全国各地で災害が相次いでいます。
皆さんもどうぞ防災対策をしてみてください。

詳しく見る

ハロウィン 2018年10月31日

こんにちは。
制作の加藤健太です。

今日はハロウィンということで、
P.D.R.でもスタッフが仮装をして楽しみました。

スタッフそれぞれが好きな仮装をしつつ
仕事は通常通り行っていたので、
社内は不思議な光景につつまれておりました。笑

こんな格好でも、みんな仕事は真剣です。

休憩時間には、
「社内に隠れたひょっこりはんを探せ!」という、
P.D.R.スタッフが仮装したひょっこりはんの写真を見つける、
ちょっとしたハロウィンイベントも開催しました。

見つけた人にはドーナツがもらえたので、
みんなで楽しく美味しく、ハロウィンを満喫しました。

ちなみに私の仮装は・・・・

そう、安倍マリオです。(ご存知ない方は「安倍マリオ」で検索)
隣のオンラインショップ店長棚橋は「菅ルイージ」です。(実在しません)

仮装ってやってみると楽しいですね。
皆さんも素敵なハロウィンをお過ごしください。

詳しく見る

キクラゲ農園の取材 2018年10月30日

こんにちは。
P.D.R.新聞担当の川合です。

先日、まだ暑さが残る中、
オンラインショップの動画撮影のためにキクラゲ農園を取材しました。
キクラゲ農園は、湿度と温度が管理されたビニールハウスのようなところに
キクラゲの菌床が置かれた棚がびっしり並んでいて、
想像していたよりもきれいでした。

 

「ここからこっちが、今収穫時の列です。」と案内されて行くと…

 

整然と並んだ菌床からニョキニョキと生えているキクラゲ、
菌床から外す(収穫する)と手の中でプルプルするキクラゲ、
乾燥前なので透明感があるキクラゲ…

じっと見ているうちに、なんだか可愛く思えてきました。

 

収穫する方々も、
「あ。写真とるならこっちのコにしてください。きれいだから。」とか、
「このコはもうちょっと大きくなってから収穫だな。」とか、
広い農園の中の、どこにどんなキクラゲが生えているかご存知な様子でした。
きっと我が子のように可愛いがって育てていらっしゃるのでしょう…!

 

そして、あちこちに食虫植物がぶらさがっていました。
無農薬にこだわっていて殺虫剤も使えないため、
本当に虫を捕れるかどうかお試し中だそうです。

 

その日の夕ご飯は…
もちろんキクラゲを食べましたよ!
ちなみに我が家では中華スープの中に、
細切りにしたキクラゲを入れて食べるのが人気です。

詳しく見る

想いのこもった花火 2018年10月25日

こんにちは。
オンラインショップ店長の棚橋です。

ちょっと前の話になりますが、

今年の夏は友人の誘いで長野県のある村のお祭りに
花火を見に行ってきました。

500発ぐらいの花火と聞いて、
いつも大きな花火大会を見に行っていた僕は、
そんなに期待をしていませんでしたが、
とてもよかったのでブログにしました。

これまで僕が持っていた花火大会のイメージは、
道が大混雑。
車が停められない。
人がいっぱい。
暑い。
花火が終わるとドッと疲れる。

でしたが、

村の花火は、
道が混まない!
駐車場は無料開放!
人も多くない!
涼しい!
花火が近い!(爆発の衝撃が身体に伝わる距離)

でした!

そして僕が一番驚いたのは、
打ち上げられる花火が全部、
その地域の個人や何らかの集まりの人たちの
お金によるものだったところです。
そのため、打ち上げる前に必ず打ち上げる人からの
メッセージがアナウンスで流れます。

僕が一番覚えているメッセージは、

「結婚70周年ありがとう!」○○様 です。

いったい何歳のご夫婦がこの花火を上げたのだろうか。

打ち上がる花火一つ一つにそれぞれの人の想いが込められた、
とても良い花火でした。

こういう花火大会もいいなぁ~と思いながら、
まったく疲れることなく暑い名古屋に帰りました。

来年も大きな花火大会ではなく、
小さな花火大会に行ってみようと思います!

 

 

詳しく見る

ちょっと心が温まるお話 2018年10月23日

 

こんにちは。
今年4月に入社しました、コールセンターの本多です。

今回はちょっと心が温まった私の体験談を書きたいと思います。

 

私は大阪出身で、今年の3月に愛知県へ引っ越してきました。
ある日、引っ越したばかりの家で掃除をしていた時のこと。
「ピーンポーン」と家の呼びベルが鳴りました。
「宅配便でーす。」

私自身、部屋の片付けをしている最中だったので、
代わりに妻(日本語がまだ上手く話せないシンガポール人)に荷物を受け取ってもらいました。

結構大きな荷物で、
「何だろう。実家から何か届いたのかな?」
と荷物の送り主を確認してみると

…知らない方から送られてきています。

宛先を確認すると、
全く知らない人の名前が書いてあります。
しかし、記入されている住所は、私の住んでいる家の住所と同じです。

そこで私は思いました。

「これ…私が引っ越しする前に、この家に住んでいた人宛の荷物だな。」と。

さらに品名に「結婚アルバム」とありました。

こんな大切な物を…これは大変!と、
箱は開けずに、急いで送り主さんに電話し、
間違って送られている経緯を説明しました。

送り主さんは少しパニックになっていましたが、
私が取り急ぎ返送します、ということで話は落ち着きました。

その1週間後、いつものように部屋の片付けをしていました。すると…

「ピーンポーン。」と呼びベルが鳴りました。

「宅配便でーす。」

妻ではなく私が今回は受け取りました。
宛名はちゃんと私です。
送り主は、アルバムを間違って送ってきた方でした。

荷物を開けると、
なんと中には大量の素敵なお菓子と一通の手紙が入っていました。

手紙を読んでみると、
「本多様、この度は私どもの不手際でご迷惑をお掛けして大変申し訳ありません。本多様が迅速に返送していただいたおかげで、大切なお品を無事に届けることができました。本多様に届いたことが不幸中の幸いでした。本当に助かりました。こちらはお礼のお品です。ありがとうございました。」

と謝罪と感謝が綴られていました。

「そっかそっか、良かった!」と私も安心し、本当に嬉しくなりました。
良いことをすると、やっぱり気持ちが良いですね。

詳しく見る

コナンくんと事件解決 2018年10月18日

 

こんにちは、物流の田代です。

先日、名古屋市科学館で開催された「名探偵コナン 科学捜査展~真実への推理(アブダクション)~」へ行ってきました。

実物大の事件現場や探偵事務所を回りながら、自分たちで推理をして犯人を導き出すゲーム形式の展示会で、容疑者に対して行われた指紋検査やDNA検査などの結果を見ながら、誰が犯人なのかを導き出していきます。
最新捜査技術が色々分かって、とても面白かったです!

中でも一番面白いと思ったのは、「歩容鑑定」という、人の歩き方で誰かを見分ける鑑定方法です。防犯カメラでしっかり顔を隠して、服等で体形を変えたとしてもバレてしまうらしいです。さらに、最近ではAIを使って鑑定する研究も進んでいるそうです。

言われてみれば、社内でも足音で誰が近づいてくるかわかります。顔はパソコンを見ていても、「横から歩いて来るのは歯ブラシ担当の櫻井さんだ」と思ったりします。香水の匂いで、顔を見なくてもすれ違ったのがコールセンターの福井さんだと分かったりします。

この感覚的な部分が科学的にも分かってくるという時代なのです。

怖いですね!!!

コナンの展示以外も、科学館内では竜巻を見ることができたり、
プラネタリウムがあったりと、
良い勉強になった一日でした。

 

 

11月からは福岡博物館でも開催されるそうなので、
ご興味のある方は是非足を運んでみてください。

 

名探偵コナン 科学捜査展~真実への推理(アブダクション)~
リンク先:http://conan-kagaku.jp/

詳しく見る

ご朱印巡りはじめました 2018年10月11日

こんにちは。薬事課の田中です。
先日、会社でお世話になっているダンディーなおじさま達のお薦めスポットを巡る、おじさまプロデュース京都宇治旅をしてきました。

ダンディーといっても、中身はかなり女子力高めなおじさま達のお薦めは、
ハートの窓の正寿院や宇治茶料理。

行きの車中で、友達がいかにもご朱印帳を持っていそうなタイプだったので、
ふと「ご朱印集めてそうだね」なんて話題を振ってみたら案の定。
友達は熱く語り出しました。
今まで全く、興味すら持ったことなかったのですが、
聞いている間にすっかり私も集める気満々に。

急遽、今回の旅のテーマは“おじさまプロデュース女子力アップ旅”から“ご朱印デビュー旅”に変更です。
始めに訪れた平等院でまず、ご朱印帳をゲット。
いろんな種類の中から、
あえて女子力が上がりそうなピンクのご朱印帳をチョイスしました。
記念すべき1ページ目を飾るのは「鳳凰堂」のご朱印。

写真は正寿院のものですが目の前で書いてもらえるので、
見ているだけで心が洗われたような充実感。
見事にハマリました。
衝動的に始めてしまったのでまだ本当の意味などはよく分かっていないのですが、これからいろいろ調べて、巡ってみたいと思っています。

詳しく見る

カタログ請求や、商品についてのご質問は問い合わせフォームでお気軽にお問い合わせください。メールまたはお電話にて返答させていただきます。お取引は日本国内の歯科医療機関、歯科技工所に限らせていただきます。

お問い合わせ内容必須 カタログ請求商品についてその他
事業所名必須
※カタログ請求につきましては、歯科医療機関、歯科技工所の方に限らせていただきます。
ご担当者様名必須
※フルネームでご記入ください。
電話番号必須
※繋がりやすい番号をご記入ください。
メールアドレス必須
備考
※こちらにお問合せ内容をご記入ください。

以上の内容で送信します。内容をご確認の上、「送信する」ボタンを押してください。