スタッフのひとりごと
blog

同期旅行 2017年12月07日

こんにちは。カスタマーサービスの谷澤です。

先日、1年ぶりに同期の池尾・中村と旅行へ行きました。

日にちが決まったのが2週間前。
和歌山に行こうと決まったのが1週間前。
具体的にどこ行くかが決まったのは当日でした。

今回の旅行は温泉がメインだったので
慌ただしく行動するつもりはなく、
呑気な私たち3人はいつにも増して呑気でした。

名古屋 ⇄ 白浜。

カーナビで道順を調べたところ
高速道路は4時間半、下道は5時間半と1時間しか変わらなかったので、
少し迷ったものの下道で行くことを選びました。

結果、8時間かかりました。
しかも、疲れて最終的には高速を使いました・・・
これが無計画×呑気の末路です。笑

それでも「私たちらしいな〜」と呑気に笑い合えるのが、
私たちらしいところだと思っています。

写真は、そんな呑気な3人が
白浜海岸から朝日を見たときの写真です。

とても楽しい同期旅行でした。

 

詳しく見る

こどももおとなも楽しめるLEGOのお話 2017年12月01日

こんにちは。総務人事の加藤です。

秋も深まり、もうすぐ冬ですね。
寒さが苦手な私にとっては暖かいところでぬくぬくしたい
今日このごろですが、先日可愛い息子たちのために、
名古屋市内のLEGOLAND JAPANへ行ってきました。

小さい頃から私もLEGOは好きだったので、
寒さに震えつつも、子ども以上に楽しむ自分がそこにはおりました。

LEGOLANDについてはまた次回お話するとして、
今回は「LEGOって改めて見るとすごい!」という
お話をお送りします。

 

 

何がすごいかというと、「精密さ」と「丈夫さ」です。

精密さについては、まず1つ1つのブロックの角の美しさ。
こんなに美しい角を持つプラスチック製品の玩具はなかなかありません。
そしてLEGO同士が必ずパチっとはまる、寸分の狂いもないサイズ感。
発色も良く、色ムラもない。
この美しさは、大人になってから気付くポイントではないかと思います。

そして、丈夫さといえば、LEGOの硬さ。
ブロック型のLEGOは落としても叩いても一向に割れる気配がありません。
この硬さがあるからこそ、何世代にも渡って使い続けることができるのか
と感心しました。

なぜこんなに精密に丈夫に作ることが出来るのか調べてみたところ、
完全な精度になるよう形成時に何百トンも圧力をかけているからだそうです。
この圧力がLEGOの精度と耐久性を生み出すポイントのようです。

LEGOは他の玩具よりも値がはりますが、大人になってLEGOを見てみると、
その価格に納得がゆくクオリティを感じられるのではないでしょうか。

LEGOをお持ちの方、ぜひ一度じっくりと眺めてあげてください。
きっとその角に惚れるはずです。

そしてLEGO愛が再燃した方は是非LEGOLANDへ足をお運びください。

参照先:公式サイト
https://www.lego.com/ja-JP/service/help-topics/fun-for-fans/behind-the-scenes/brick-facts/how-are-lego-toys-made

詳しく見る

運命の目薬 2017年11月27日

 

こんにちは、歯ブラシ担当のサクライです。

私の最近のヒット商品を紹介します。

目薬の、サンテ ボーティエ です。

私はいつも目が充血しているのが悩みでした。
疲れたら充血…というわけではなく、常に充血していたんです。
けっこう痛いし、見た目も悪いし、すご~くイヤでした。

いろんな目薬を試しました。
眼科にも行きました。
ブルーベリーサプリも飲みました。
でもダメ。ぜんぜんダメ。

さて、ある日外出先で目が痛くなり、ドラッグストアに駆け込んで、
「とりあえず1番高価なやつを」と買ったのがボーティエ(\1500)。
化粧品みたいなお洒落な容器です。
高いのは中身じゃなくて容器のせいじゃないの?
なんて思いながら使ってみたら・・・

なんとビックリ目が白くなったんです!
信じられない!!この目薬すごい!!!

他の目薬と何が違うのでしょうか?
公式HPを読んでも科学に弱い私には分かりませんでしたが、
とにかく「瞳の代謝を促進する」点が違うみたいです。

私の瞳は老化していたのか?
自力で代謝できなくなっているのか?
よく分かりませんが、私はボーティエに救われました。

 

ところで、ドラッグストアには目薬がたくさん並んでいます。
どれでも効果が変わらない人は安い物で良いと思うし、
私のようにどれでもダメだった人が、
ついに運命の一品に出会うこともあります。

私が作った歯ブラシも、
どこかで誰かの“運命の一品”になっていたら嬉しいなぁ~と思いながら、
ボーティエを点眼する昨今です。

 

 
詳しく見る

ずぼらな私のサポーター パート2 2017年11月21日

こんにちは!清水です。
前回お話した、後付けタイプのオートロックが届いたので、使ってみました!

おおぉ、なんかカッコいい…!
乾電池式で、主電源用のほかに予備電源用もついているので、主電源用の電池が切れても安心。
電池を入れて、スマートフォンのアプリを設定して、準備完了!
ふむふむ、このオートロックは開錠した後、一定時間経過後に自動で鍵を閉めてくれます。うんうん、これで閉め忘れはなくなった!
そして、スマートフォンの開錠ボタンを押すと…
おおぉ、開けてくれる!デジタル感あふれていていいですね!わくわくします!

さらになんと、Bluetoothによるオート開錠機能がついている!
鍵の近くにスマートフォンが来ると勝手に開錠してくれる機能です。
・・・うーん、便利だけどちょっと怖いので、この機能は止めておきます。

今2か月使ったところですが、想像以上に快適です。当たり前ですが、本当に閉め忘れがなくなりました(笑)
そして鍵を忘れてもスマートフォンさえあれば家に入れる。
締め出される心配もなくなり、一石二鳥です。
頼れるサポーター、がんばってくれてます。

詳しく見る

上海の名の由来 2017年11月16日

販売企画の尹(イン)です。
 
私の故郷は上海です。
とてもにぎやかな街で、経済に関するニュースは日本でもよく新聞に取り上げられていますね。
日本に来てから、故郷を懐かしく思うことがあります。
上海の甘みが濃い料理、怖いくらいの人波、じめじめした暑い夏・・・

ところで、皆さんは「上海」の名前の意味をご存知ですか?
この上海という名称の由来については、いくつかの説があるんです。
今回はその中から、私の印象に残った1つを紹介させていただきます。


(1930年代の外灘)

外灘は当時の貿易港で、上海の中心地にあります。
宋朝の時代から、中国の海上貿易は栄えるようになったそうです。
それに伴い、沿海地域の農民と漁師も増える一方でした。
海上貿易を行う航海者達は、夏と秋の台風を避けるため、重陽節(旧暦の9月9日)から海に出て、次の年の端午の節句(旧暦の5月5日)に帰って来ました。
そして、次の九月に再出航するまでの間、数ヶ月間の休息のために、休憩所が必要になりました。
時間が経つとともに、その休憩所は大きくなり、いつしか町となりました。
町ができたから、名前も必要。
航海者が毎年、よりよい海上事業を行えるようにと祈り、「上海」と名づけました。
 
祈りがこめられた名前だと思うと、町自体も素敵に思えてきます。


(今の外灘)

昔と比べたら、風景がかなり変わりましたね。
港の役割は市内からやや離れた上海港に移され、
今の外灘は、観光地として人気を集めています。
機会があれば、次は外灘について話をさせていただきます。
皆さん、楽しみにしてください~

詳しく見る

野生の熊 2017年11月14日

P.D.R.の山男竹内です。2013年から毎年、10月の3連休は白馬鑓温泉登山が恒例でした。
参加人数は初年度3人、翌年は5人、その翌年は10人と、回数を重ねるたびに参加者が増えていきます。
しかし、今年は0人。
と言うのも、今年の10月の週末は台風や前線の影響で雨ばかり。この時期の雨は山頂付近では湿った雪となります。冬用のハードシェル(ウェア)もびちょびちょになり、低体温症にもなりかねないということで、残念ながら2017年度は中止となりました。

写真は2016年の白馬鑓温泉の様子です。
この年も山頂付近では前日雪が降り、15cm位の積雪がありましたが、翌日は晴れたので登山を決行しました。しかし風がとても強かったため、皆早々に食事を終えてテントの中に引きこもりました。

風はテントのポールが折れるのではと思うくらい強く、テントの天井の布がたわんで寝ている顔に触れる位です。
夜も更けた頃、外から「カラン…カラン…」と言う音が聞こえます。
何の音か想像しました。
1)野生動物(熊)が何かをしている
2)他の登山者が夜遅くに登山している
3)心霊現象
私は(1)の可能性が最も高いと思い、隣で寝ていた友人を起こしました。ナイフを手に持ち、息を殺して寝袋の中でその時を待ちます。

強風でテントが「ガサッ」となるたびに身構えますが熊は出てきません。
何度もそんなことを繰り返すうちに、いつのまにか寝てしまいました。

目が覚めると朝でした。風は治まり、朝日が昇っています。
昨夜の「カラン…カラン…」の音の原因を探し歩くと、崖の下に、前日の食事に使用したシェラカップ(チタンやアルミニウムでできた簡易食器)が転がっていました。
“野生の熊”の正体は、風に吹かれたアルミニウムのカップでした。
シェラカップを回収し、朝日を浴びて源泉かけ流しの湯につかりながら「森のくまさん」をハミングした2016年の白馬鑓温泉でした。

 

 

詳しく見る

初水族館撮影 2017年11月09日

脱オタクに向けてがんばっている新入社員の唐(タン)です。
今まで週末はいつもひきこもっていたのですが、最近は出かけようとしています。

幸い、私の趣味はオタクっぽいこと以外に写真撮影もあるのです。
週末は、台風21号が本州に接近中でしたが、写真好きな知り合いから誘われて即乗りました。
雨なので、行き先は名古屋港水族館に決定しました。
前回水族館に行ったのは2年前の大阪海遊館で、それも天保山観覧車に乗るついでだったと思います。
そのときのことはあまり記憶に残っていなくて、今回はまるで初めての水族館のように楽しめました。

今回しみじみ感じたことは、人間の目って凄すぎることです。
目の中にシャッターがあるといいなと思いました。
というのは、水族館内の撮影は本当に難しいのです!
暗いのもありますが、被写体が動くのが一番大変でした。
私は人を含めて動物全般がうまく撮れないのです。
いつも静物や植物を対象に撮っています。

素早く泳ぐ魚を撮るには、根性で粘ることですね。なので、このような感じで。

水槽にはりついて、4時間で650枚くらい撮りました。
シャッターを650回押して、手がしびれました。
(でもよかったー、行く前にSDカードを新しく買い換えて、、、)
よく動くので、私も正面ではなくあえて輪郭を狙って、躍動感を表現してみました。
その中から選んだお気に入りの写真をアップします!

詳しく見る

大人の社会見学 2017年11月07日

こんにちは。薬事課の田中です。
先日、大阪にあるサントリー 山崎蒸留所の見学会に参加してきました。

お酒は得意ではないので実はあまり興味がなかったのですが、ウイスキーの製造工程の説明を受けた際、心に残った説明があったのでご紹介します。

ウイスキーは、木の樽で熟成されます。原酒は年々熟成を深めるとともに樽の木目を通して呼吸し、量が少しずつ減っていきます。

(正確な年数は覚えていないのですが、右の樽が約3年、左の樽が約10年間熟成されたウイスキーです。)

古くよりスコットランドではこれを「天使の分け前」と呼び、「人間にウイスキー造りを教えた天使が見返りとしてウイスキーの味見をしている」と言われているそうです。
とってもメルヘンな話なのですが、天使って、結構お酒好きだったんですね。(苦笑)
お酒が飲めない私でも充分楽しめましたので、関西へお出かけの際は是非行ってみてください。完全予約制ですが結構人気みたいですよ。

詳しく見る

秋のおもいで 2017年11月02日

新卒で入社した前職の新人研修初日、自己紹介がありました。
部活の話や留学の話など、みんなのアピールが凄くて「な、なにかここで一発やっとかないと。。。」と焦った私。

「はじめまして!私は3カ国語話せます!!”
“おお~!(どよめきの声)”
「日本語と関西弁と名古屋弁です!!」
“・・・”

盛大にスベりました。
入社早々、辞めたくなりました。

こんにちは、商品企画の山下です。

最近ぐんと寒くなりましたね。
この時期になると思いだすのは、中学生時代の合唱コンクールです。

中学1年生~3年生までの各5クラス、計15クラスがそれぞれ課題曲と伴奏者、指揮者を決めて約2ヶ月練習をします。
ソプラノ、メゾ、アルトとパートを分けて、抑揚や顔の表情、立ち方も自分たちで考えながら歌を仕上げていきます。
クラス一丸となって作り上げていくことのできる、とても思い出深い学校行事の一つでした。

賞が貰えるのは1~6位までと新人賞です。
だいだい毎年3年生が1~5位を占めて、6位に2年生のクラスが入賞。
1年生は新人賞を狙うのが恒例でした。

先日、中学のときからの友達とこの話になりました。

私「中1(C組)のとき、6位に入賞して感激して泣いたなー!」
友「いや、あれ新人賞だったよ?」
私「え、そうだっけ?」

私「6位に入賞したのは中2のときだ!あの歌だよね!♪♪♪~~~~(歌ってみた)」
友「いや、それ私の中1(A組)のときの歌だけど。」
私「え、そうなの?」

大事な青春時代の1ページ。
久しぶりに開いてみると、ぐっちゃぐちゃでした。
記憶って、結構いいかげんなものなんですね。。。

写真は話に関係がありませんが、一昨年に金沢へ旅行したときの紅葉です。
アップすぎて金沢かどうか分かりませんね。

秋ですね。今年はどこへ紅葉狩りにいこうかな~。

詳しく見る

ハロウィン 2017年10月31日

今日はハロウィン!
休憩時間にハロウィンイベントを開催しました。

今年のテーマは「私はだれでしょう?」
ルールは簡単です。
この3人が誰の仮装をしているのか、当てるとお菓子がもらえます!

分かりましたか?

正解は・・・

りゅうちぇる
サンシャイン池崎
錦織圭

でした。

景品のお菓子はパブロのチーズケーキ。
皆で美味しくいただきました。

他のスタッフも猫耳のカチューシャや帽子でハロウィン気分を楽しみました。
もちろん仕事は真剣に誠実に、でも休憩時間には遊び心も大切にするPDRスタッフでした。

詳しく見る
1 / 9012345...102030...最後 »

カタログ請求や、商品についてのご質問は問い合わせフォームでお気軽にお問い合わせください。メールまたはお電話にて返答させていただきます。お取引は日本国内の歯科医療機関、歯科技工所に限らせていただきます。

お問い合わせ内容必須 カタログ請求商品についてその他
事業所名必須
※カタログ請求につきましては、歯科医療機関、歯科技工所の方に限らせていただきます。
ご担当者様名必須
※フルネームでご記入ください。
電話番号必須
※繋がりやすい番号をご記入ください。
メールアドレス必須
備考
※こちらにお問合せ内容をご記入ください。

以上の内容で送信します。内容をご確認の上、「送信する」ボタンを押してください。