スタッフのひとりごと
blog

山デビューなるか!? 2022年09月27日

こんにちは。薬事課のヤッちゃんです。
※スタッフの名前はニックネームで記載しています。

 

これといった趣味がないのが悩みの一つなのですが、
先日、山好きの友人と、私と同じように山初心者の友人の3人で
食事している時に盛り上がり、
山デビューしてみよう!という事になりました。
山好きの友人は食事をした当日もサクッと近所の山に登ってくる程のハマり具合。
私達が山に登ってみようと言うと目がキラキラしていました。
その目の輝きが若干プレッシャー。

まずは「形」から。
装備は何が必要なのか。
世間では随分前から山に魅了された人たちの山ブームが騒がれていますが、
興味がなかった私にとっては何もかもが未知です。
私にとって、続くかどうか分からない趣味の「形」は重要です。
続くかどうかが「形」にかかっていると言っても過言ではありません。
山好き友人に相談するも、慎重になりすぎるあまりどうして良いのか分かりません。
そんな私が最初に購入した「形」はボトムスです。
山通の人にとってはハテナなチョイスかもしれませんが、
初登山をするか日が決まっていないので必要なトップスが
長袖なのか半袖なのか分かりません。
下着も夏用なのか冬用なのか決められません。
(↑この時点で1回しか行くつもりが無いという深層心理には気づかないふり)
靴は専門家に選んで欲しいから後回し。
靴下やタオルなんかじゃ買った気がしない。

そんなわけで、まずは、汎用性のありそうな、
でも「形」としては結構重要なポジションのボトムスを購入しました。

こんな調子で、果たして山デビューできるのか。。
少し不安ではありますが、次回は山デビューの報告ができるはずです。

詳しく見る

月下美人 2022年09月22日

こんにちは。総務のナカムーです。
※スタッフの名前はニックネームで記載しています。

先日実家に帰ったら、見たことのない花が咲いていました。
「月下美人」という花で、白くて、大きな花です。
※手の平より少し小さいサイズ

なんと1晩で枯れてしまう花だそうです。
1年に何度か咲くこともあるようですが、
実家の「月下美人」は1年に1回咲くかどうかなので、
今まで開花した状態を見たことがなく、
思わず写真を撮りました。

写真には全体像は写っていませんが、花といってもサボテン科の植物なので、
1~2mのサボテンのような多肉植物からきれいな花が咲いていて、
不思議な見た目でした。
翌朝には枯れてしまっていましたが、
今回たまたま帰ったタイミングで見られて少し得をした気分になりましたし、
綺麗な花に癒された休日でした。

詳しく見る

小籠包パーティー 2022年09月20日

こんにちは。
コールセンターのタニザーです。
※スタッフの名前はニックネームで記載しています。

 

最近の我が家のマイブームは、
たこ焼き器でつくる小籠包パーティーです。
作り方は餃子とほぼ同じですが、
餃子と違うのは、出汁をゼラチンで固めて、
そのゼラチンをタネに混ぜ込むところです。
あとは餃子の皮で、小籠包っぽくチャチャっと包むだけ!
小籠包が、たこ焼き器の穴にすっぽりはまるので、
多少適当に包んでも、出汁が漏れてくる心配はありません。

高温でしっかり焼き目をつけると、揚げ焼きのような小籠包に、
低温で水を多めにゆっくり焼くと、蒸したような小籠包になります。

生姜の千切りと黒酢で食べると最高です!
是非試してみてください!

 

詳しく見る

画数は世界一?! 2022年09月16日

こんにちは。

コールセンターのチョウです。
※スタッフの名前はニックネームで記載しています。

 

突然ですが、皆さんこの漢字の読み方を知っていますか?

月、長に馬、、??
一瞬だれかが作った造語とも思えるこの漢字は、
どこで使われているかと言うと…

これは中国の西安で一般的に食べられている、
平たい幅広の麺の名称です。※チョウは中国出身です。
その名も、ビャンビャン麺!

唐辛子、山椒タレをからませて食べる
汁なしのきしめんのような食べ物です。

そして、麺の名前に使われている
ビャンという文字は、なんと57画もあるのです!
とても覚えられそうにありません。
ちなみにこの漢字、
麺の名前以外で使われることはないそうです。

 

その発音も中国では珍しく、
麺を麺板に打ち付ける音『ビャンビャン』という擬音からきている・・
中国で平たいという意味の、扁(ベン)という漢字が
地方で訛ってビャンになったのでは・・
など諸説あり、はっきりしていません。

 

その独特の発音と画数が多いことが中国でも話題になり、
一躍有名な食べ物になりました。
漢字自体が良い宣伝効果になっているので、
この漢字を作った方はすごいな〜と感心しながら、
スパイスの効いたビャンビャン麺をおいしくいただきました。

詳しく見る

2022年5月Vol.110 サクッと小噺 2022年09月12日

※小噺は過去分を随時アップしております。内容に時差がある場合もありますが、是非ご覧ください。

こんにちは、サクッと小噺のサクです。そろそろ梅雨の足音が聞こえてきますね。 私は、天気の良い日は息子の保育園の送迎を自転車で行っているのですが、雨の日は12kgの息子を背負って、 おひるね用のお布団を肩にかけて歩いて行くので、すこし憂鬱です。服や布団が濡れると気持ち悪いですもんね。 カエルは雨の日も気楽でいいなぁ。

さて、半年ほど前、私にとってカエルはちょっと特別な生き物になりました。当時1才 6ヶ月だった息子が、 生まれて初めて(少なくとも私が気づいた限りでは初めて)、なにかを象徴的に理解した対象が、カエルだったんです。

息子は数冊の絵本を持っていて、そのうちの2冊に雰囲気の違うカエルが登場します。 ある夜、私はいつものように絵本の読み聞かせをしていました。お話が進んで、カエルがでてきた途端、 息子は立ち上がって、カエルがでてくるもう1つの絵本を取りに行ったのです。そしてカエルのページを 開いて、2冊のカエルを交互に指差しながら、「ねっ!ねっ!」と同意を求めてきます。 片方は濃い緑で片方は黄緑色なので色合いが違うし、片方はカエルらしくM字開脚で 片方は人間のように立っているからデフォルメの仕方も違うのに、 どちらも同じカエルとして理解している様子です。 親のほうから「両方ともカエルだよ」と教えた事はありません。 息子は、なにをもって、「カエル」を理解したのでしょうか。

翌日、図書館で家にある本とはまったく雰囲気の異なるカエルの絵本を借りてきました。 家にある2冊の絵本のカエルは裸でぴょんぴょん飛ぶ単純なかんじですが、 図書館から借りてきたのは、服を着て手紙を書いて悩んだりするアンニュイな雰囲気の カエルです。それを息子に見せてみると、「おー」と言いながら自分の2冊の絵本を出してきて、 やはりカエルのページを開きます。ここにきて私は確信しました。彼は初めて見る物でも、 彼にとって既知の情報と結びつけて理解していることを。 つまり、「物事を抽象的に認識できる=個々の事物から共通の属性を抜き出して 一般的な概念をとらえることができる」ということです。 おぉ我が子よ!まだママもパパも何も言えないくせに、なんと高度な思考を成していることか!

思考が発達していく様子を見るのは面白いです。息子もそのうち、カエルではなく友情や恋愛や仕事に関しても 「抽象的概念」と「一般的事例」を結びつけて考えられるようになるのかな。楽しみです。

詳しく見る

2022年4月Vol.109 サクッと小噺 2022年08月26日

※小噺は過去分を随時アップしております。内容に時差がある場合もありますが、是非ご覧ください。

あまり知られていませんが、5 月 5日は「国際助産師の日」です。 2 年前に私は出産をしました。当時を思い出すと、陣痛よりも赤ちゃんよりも、助産師さんを思い出します。 私が若いときに出産していたら (17 才くらい )、将来は助産師を目指しただろうと思うほど感動しました。

私のお腹の中で、ヘソの尾がネジれていました。お医者様いわく「この程度のネジれならよっぽど大丈夫だけど、 胎児が産道を通るときに酸素不足になる可能性がある。既に 3000g を越えているので外界に出てきても問題ないし、 あんまり大きくなっても出るとき大変だし、もう陣痛促進剤を打って胎児を呼び出そうか」となりました。 陣痛促進剤は点滴で投与されます。投与が始まってすぐ陣痛はきたのですが、胎児がまったく降りてきません。 陣痛も、痛いことは痛いけれど、理性が保てる程度の痛みです。これが 2日半続きました。1日目、2日目、3日目、 それぞれ違う助産師さんが病室に来て「サクさんの今日の担当は私だよー。赤ちゃん出ておいでー」とお腹をなでて くれましたが、1日目と 2日目は陣痛が本格化しなかったので、助産師さんも私につきっきりになる事はなく、 たまに私の様子を見に来つつ、他のお仕事を進めていました。そして 3日目の正午に痛みが強くなりました。 下半身が左右に割れて、胎児が旋回を始めたのが分かります。痛みで腰がくだけます。3日目の助産師さんが、 つきっきりで腰をさすってくれます。   
サ「ありがとうございます。すみません。」   
助「いえいえ、ようやく赤ちゃんが降り始めて良かった」   
サ「ずっと腰をさすっていただいて…。今日のお仕事が進みませんよね…」   
助「いやコレが仕事だから(笑)」

自然分娩や緊急帝王切開はいつ何が起こるか予定が立ちません。1日目と 2日目に担当してくれた助産師さんは、 私の陣痛が本格化しないので他の仕事を進めていたのでしょうし、3日目の助産師さんは私の陣痛が本格化したために ずっと私に付き添ってくれました。その分を他の助産師さんがカバーしているのでしょう。 なんとアッパレな連携プレー!
助産師さんは、私の様子を見ながら、「赤ちゃんが何かに引っかかって降下が止まったかも。左向きで横になってみよう」 などのアドバイスをくれます。そのアドバイスに従って上手くいく事もあれば上手くいかない事もあるのですが、 見えない胎児の状況を想像しながら、適切な一手を考える姿はまさにプロフェッショナルで、とても心強かったです。

やがて陣痛のクライマックス。痛みのあまり無我夢中で目をつぶると、「目を開けなさい!」と新しい声。えっ、誰? 目をひらくと、見たことない助産師さんが眼光するどく私を見つめています。さっきまでは居なかった方です。 彼女は「大丈夫、私の目を見て、呼吸して」と唱えながら、私をじーっと見つめるので、私も彼女から目が離せなく なります。また別の助産師さんがテキパキとドレープを広げたり、インスツルメントを並べ始めました。おそらく出産が 近いと読んで準備をしているのでしょう。ずっと私の腰をさすってくれていた助産師さんは、今も腰をさすってくれて います。ついさっきまで助産師さんは 1人だったのに、急に 3 人になっています。す、すごい。

今にも産まれそうな 17:00、5 時間も腰をさすってくれていた助産師さんが「定時なので帰ります」と爽やかに 去っていきました。私にとってはビックイベントでも彼女にとっては日常です。「帰るんかーい!」とツッコミ入れたく なったけど ( そんな余裕はない )、いつ陣痛が始まるか分からない、いつ出産が終わるか分からない、でもスタッフが 定時で働きながら母子を守れる、なんてカッコいい職場でしょうか。(結局 17:19 に生まれました)

出産において、胎児は確実に初心者だし、母も初めてか数回の経験しかありません。助産師さんはプロでも、 実際に頑張る人たちはアマチュアです。助産師さんはアマチュア達を頑張らせなければいけない。誰かを頑張らせるのは、 自分が頑張るより大変でしょう。また、胎児と母の様子をみながら、このまま分娩させるか、帝王切開に切り替えるか、 適切な判断をしなければいけません。スゴイお仕事です。
出産を終えたとき、「この人達のお仕事を間近に見学できただけでも、出産した甲斐があった」と本気で思いました。
5 月 5日は国際助産師の日。世界中の助産師さん、どうもありがとう。心の底から尊敬してます。

詳しく見る

今どき勉強法 パート2 2022年08月24日

こんにちは。

広告部のカトケンです。
※スタッフの名前はニックネームで記載しています。
 
以前、私がスケボーにハマっていて、YouTube勉強法が
良いというお話をしました。そのお話はこちら
 
 
今回は私の息子のお話です。
 
私には10歳の息子がいます。
10歳の男子の遊びといえば、PCゲームなどの
電子機器ゲームが人気だと思うのですが、
息子のマイブームは、ルービックキューブです。
 
今年のお年玉で買ったそうで、
買った当初からコツコツやっていました。
 
少し前までは、
面を揃えられるのはせいぜい2面までで、
付属の説明書もよくわからないねと言っていました。
 
 
先日、
「YouTubeでルービックキューブの動画あるらしいんだけど、観たい。」
と言うので、一緒に観ました。
 
開始1分で飽きた父とは違い、
独り言をブツブツ言いながら食い入るように観る息子。
それから繰り返し動画を観ながら練習していました。
 
数日後、
「お!できた!」
と歓喜の声が聞こえました。
 
嬉しそうな息子の手には、
全面が揃ったルービックキューブが。

 
「おぉ!やったじゃん!」と喜ぶ私に、
「すごいでしょ。でもね、面の揃え方がまだ、、、、ブツブツ、、、」
相当嬉しかったのか、語る語る息子。
 
語る内容はともかく、笑
彼の好奇心と意欲を嬉しく感じました。
 
その意欲を学校の勉強にも向けてほしいものですが、
そう上手くはいかないようですね。
 
夢中になれるものがあるのは幸せなことだと思って
YouTubeは程々に活用しながら、
これからも成長を見守っていきたいです。

詳しく見る

飲むおだし 2022年08月22日

こんにちは。
販売企画のツッチーです。
※スタッフの名前はニックネームで記載しています。

 

私はお茶が趣味なのですが、
夜はカフェインの摂取は控えようと思い
ノンカフェインのハーブティーなどを飲んでいます。

ただ、和風なものを飲みたい気分になることもあるのですが、
なかなかノンカフェインで美味しいものを見つけられずにいました。

そんなある日、SNSで見つけたのが
飲むおだし「YOHAKU Drip」でした。

かつお枯節・かつお荒節・まぐろ節の3種類あり、
塩や調味料も入っていないので
寝る前にやさしいものが飲みたいときにぴったり!

ドリップコーヒーのようにお湯を注ぐだけで
おだしを抽出できるのでとても手軽です。

寝る前の一杯の新しい選択肢になりました。
オンラインストアで購入できるので、
みなさんもよかったらお試しください。

詳しく見る

2022年2月Vol.107 サクッと小噺 2022年08月19日

※小噺は過去分を随時アップしております。内容に時差がある場合もありますが、是非ご覧ください。

赤い!可愛い!!甘酸っぱい!!! …といわれたら、何を思い浮かべますか? そう、苺です。毎年1月末〜4月にかけて、サク家の女三人(母57才、私34才、妹31才)は「苺探検隊」なるものを発足します。それぞれ遠方に住んでいるため、一緒に苺を食べる機会はあまり無いのですが、各自が己の地域性と家族形態と懐具合を駆使して片っ端から苺を食べまくって、その写真と報告書をグループLINEで発表するのです。

 

三人の中でもっとも恵まれた場所に住んでいるのは母です。彼女は埼玉県北部に住んでいるので、ちょっと北上すれば苺生産量日本一の栃木県に入ります。甘味と酸味のバランスが良い「とちおとめ」、果肉が柔らかい「とちひめ」、際立って甘くて赤い「とちあいか」、子供のげんこつくらい大きい「スカイベリー」、高級白苺の「ミルキーベリー」などなど・・・
全国に出回っている品種から、デリケートなため遠方に出荷できない品種まで、多種多様な苺を苺農家に買い付けに行くことができカフェ併設の苺農家も多いので、採りたて苺のパフェやパンケーキやアイスクリームにも事欠きません。
新婚、子なし、夫婦共働きの妹は、リッチな苺デートを満喫しています。ホテルで味わう1個3000円の苺パフェ、百貨店で買う1ホール1万円の苺タルトは、宝石と見間違うほどの美しさです。これらの苺そのものの味は、栃木の苺農家から買い付けてくる苺に比べると、同等またはやや下で、上回る事は無いそうです。
しかし!苺を引き立てるスイーツ要素のクオリティが、圧倒的に強いらしく、「苺の甘さを邪魔しない生クリームや、苺の冷たさを邪魔しないアイスクリームは、流石としか言いようがありません。本来なら生クリームは苺より甘いし、アイスクリームは苺より冷たいのに、これらを添えながら苺を主役として引き立てる(見た目だけではなく味の上でも苺を主役にする)のは簡単では無いと思うが、そのバランス感覚は流石のパティシエ。」と妹は熱弁します。プロの仕事に脱帽です。

 

小さな子供を抱える私の研究対象は、道の駅の苺、コンビニやシャトレーゼの苺スイーツ、ファミレスの苺スイーツ、です。道の駅には地域ごとに違う苺が売っていて、食べ比べると面白いです。硬め⇔柔らかめ、酸味⇔甘味、丸っこい⇔シュッとしてる、どれもそれぞれ美味しくて、これはもう好みでしょう。私はわりと硬め、やや酸味強くて、丸いけど尖っている王道の形が好きです(「とちおとめ」、「やよいひめ」、「あまおう」、「アスカルビー」)。

 

コンビニの苺スイーツも心躍りますが、全品を試してみて全体的にハズレが無いと感じたのはシャトレーゼです。安価なスイーツショップと侮っていましたが、スイーツに特化しているだけの事はあります。ファミレスは、苺も大した事はないし、生クリーム等も甘ったるいのですが、「どうしても苺パフェが食べたい!」と苺パフェ発作が起きた時に(どんな発作だ)、子供連れでも駆け込みやすい場所です。
三人とも真剣に取り組みます。毎年、活動開始時はワクワクしていますが、後半になると「苺以外のスイーツも食べたい」なんて文句を言いながら、苺を食べています。レストランやカフェやケーキ屋さんで他のスイーツを食べたくなっても、苺探検隊としては苺があるかぎりは苺を選ぶしかなく、そして今の時期は苺スイーツは絶対にあるのです。苺スイーツ市場は本当に巨大で、食べても食べても次が出てきます。

いい年をした大人の女三人の本気の遊び。今年も満喫します。

詳しく見る

営繕日誌 「テラスの机」 2022年08月18日

 

こんにちは。カメラ男Tです。

※スタッフの名前はニックネームで記載しています。

新社屋に移転して約半年ほど経過した5月頃のお話です。

※P.D.R.は2021年11月に移転しました。

 

新社屋には個人の机はなく、備え付けの机をフリーアドレスで使用しています。

旧社屋で使用していた机などは大半が不要となりましたが、

一部使えるものは使用しています。

その中で、天板が白色の合板の長机を休憩室の屋外テラスで

使っていたのですが、白色のため、日光の反射がきつく、快適ではありません。

また、隙間のない天板なので、屋根のないテラスでは雨水が溜まり、

腐食し始めていました。

もともと室内用のテーブルですし、腐食は想定内だったので、

今回営繕(天板交換)を行いました。

 

 

 

まず、天板とフレーム部分を外し、どのような形にするか勘案します。

 

屋外の机に求められるのは、

・天板に雨水が溜まらないようにする

・金属のフレームを錆から守る

・女性でも動かせる

 (台風などの時にはひっくり返して風であおられることを防ぐ)

 

以上の観点から、天板は「すのこ」の形状にします。

また、天板を直接金属のフレームに「ビス(ネジ)」を打つと

水が染み込んで錆びる箇所が増えるので、

元々の天板とフレームを固定するために空いている穴を再使用することにしました。

そのため、新しく作る天板とフレームを固定するための木枠を間に設置します。

 

 

仕様が決まったので、作業に移ります。

まず、フレームの錆止めを行います。

フレームは錆止めとデザイン性の良さを兼ねて、黒色に塗装しました。

あえてムラになるのがいい感じです。

 

次に天板とフレームを固定する木枠を切り出していきます。

使用する木材は新社屋のリノベーション時に使用した余りで、

林業を営んでいる社長仲谷(なかや)の実家の山から、
仲谷のお兄さんが切り出してくれた「杉」を使用します。

いい感じです。このまま透明なアクリルの天板を置いてもかっこいいです。

 

次は厚さ40mmの杉を70cm幅で切り出し、すのこ状に固定していきます。

均等に間をあけて、正確な位置にビスを打っていかないと、見た目が悪くなります。

 

最後は、天板を滑らかにヤスリ掛けし、屋外でも腐食を抑える「ニス」を塗って完成です。

 

完成した机がこちら。

 

節目の穴がかっこいいです。

ここに透明なアクリル樹脂を流し込んでもいいですね。

 

次回は、直射日光を遮りつつも風を通し、なおかつ簡単に設置や撤収できる

スクリーンタープを設置する予定です。

 

 

以上久々の営繕日誌でした。

詳しく見る