スタッフのひとりごと
STAFF BLOG

おいしい山ご飯 2019年10月18日

※スタッフの名前がニックネームに変わりました。

 

こんにちは。物流のオゼッキーヌです。
今回は、登山中に食べるご飯についての話です。

今まで色んな山ご飯を作ってきました。
ホットサンド、ちらし寿司、皿うどん、焼肉をしたことも!
どれもとても美味しかったです!

 

 

 

 

    

先日、P.D.R.登山部(正式な会社の部活動ではありませんが、
勝手に登山部と呼んでいます)のメンバーで、
北アルプスの燕岳に行ってきました。
元々は泊まりの予定のところを日帰りで登ってきたので時間がなく、
コンビニのおにぎりと味噌汁というお昼ごはんでした。

実はこのお味噌汁、10-11月DMに掲載されている新商品です。
フリーズドライなのでお湯を注ぐだけですぐに出来上がりです!
国産無農薬のきくらげがたくさん入っていておすすめです!

商品ページはこちら

 快晴の青空が広がる山の景色を見ながら、みんなでワイワイ、
とても楽しく、おいしいお昼ご飯になりました。

こんな簡単な山ご飯でも、山で食べるとおいしく感じます!
なぜおいしく感じるのか?

安心な家の中で食べるより、
未知で危険な野外で食べるほうが快感が大きくなる。
辛い山を登る工程を経て、安全に周りを見渡せる
山頂について食べるとさらに快感が大きくなる。
と考える脳科学者の方もいるようです。

登頂の達成感、素敵な景色、下山後の温泉のためだけでなく、
おいしい?おいしく感じる?山ご飯のために、
これからも登山したいなと思いました。

詳しく見る

長崎旅行 2019年10月11日

※スタッフの名前がニックネームに変わりました。

 

こんにちは。総務のなかむーです。
先日、母と長崎旅行に行ってきました。

長崎といえば、
2018年6月に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が
世界文化遺産登録されましたね。

県のホームページによると、潜伏キリシタンとは、
「キリスト教禁教期の17~19世紀の日本において、
社会的には普通に生活しながらひそかにキリスト教由来の信仰を
続けようとしたキリシタンのことを学術的に
「潜伏キリシタン」と呼んでいる。」とのことでした。
(その他にも世界遺産について分かりやすく説明されていたので、
興味のある方は是非読んでみてください)

 

17~19世紀は江戸時代。
学生時代に歴史の勉強をした記憶はあったのですが、
実際に足を運んでみると観光しながら歴史を学び直すことができました。

また、私は旅行に行くとついついお土産を買ってしまうのですが、
長崎のお土産といえば、
カステラを思い浮かべる方もいるのではないでしょうか。
いまやカステラは全国で購入することができるお菓子ですが、
今回の旅では折角なので長崎でしか買えないカステラを探して
お土産に買って帰りました。

カステラは、元々ポルトガルから伝わったお菓子で、
その元となったお菓子は、
パン・デ・ロー(Pao de lo)と言われており、
卵と砂糖を一緒に泡立てて、小麦粉を加えて焼いただけのお菓子です。

学生時代にポルトガルへ旅行に行った際に食べたことがあるのですが、
中が半熟で外はふわふわとしていて、甘くて美味しいお菓子でした。
ポルトガルへ食べに行くのは大変ですが、
有名な料理サイトにレシピが載っていますので、
興味のある方は是非作ってみてください。
卵、砂糖、小麦粉のシンプルなお菓子もたまには美味しいですよ。

 

 

詳しく見る

新築マンション 2019年10月02日

※スタッフの名前がニックネームに変わりました。

こんにちは。
商品企画のトモちゃんです。
消費税10%がついに始まりましたね。

どうせ買う高いものは、増税前に買っておきたい!
私もそんな流れに乗って、念願のマンションを買いました。
築40年の賃貸マンションから新築マンションに引っ越して2か月の今、
新しい発見がいっぱい。

そのうちの1つは、やたらと密閉性が高いことです。
引っ越しの際に新しく買ったエアコンの冷房をON。

ロボットみたいでかっこいいお気に入りのエアコン。

でもしばらくすると、

「コン・・・・コン・・・・・」

とエアコンから音がするんです。
動作音?と思ってエアコンを切ってもまだ、

「コン・・・・コン・・・・・」

と音は続きます。

自動洗浄の機能がついているタイプだから自動洗浄中?
いやでも自動洗浄時はランプがつくって説明書に書いてあるけど、
今ついてないし。初期不良?でもしっかり冷えるしなぁ・・・・。

と思いつつエアコンの鳴き声を放置すること半月。

エアコンから謎の音がするんだよね~と会社で話していたら、
システムのはせぴーが、

「それは室内の気密性が高く、換気扇やエアコンによって外に
空気が出されるため気圧が下がってるせいで、
エアコンの管を通って外から空気が入ろうとしてますね。
放っておくと水漏れしますから、室内にある換気用の通気口をまず開いて。
さらにエアコンの管に逆流防止弁を取り付ければ良いですよ、
ホームセンターで安く売ってて簡単に取り付けできますよ」
と、ふふふと微笑みながら教えてくれました。

そういえば水が垂れてることもあったな~と思いながら、
試しに通気口ではなくベランダのドアを開けたら
本当に音がぴたっと止まりました。
あ、玄関とかベランダのドアを開くときにやたら重いのもそれが原因か!

マンションの気密性、すごい!
このことを学んだ今は、24時間通気口を開いて生活しています。

 

逆流防止弁の取り付けについては、
はせぴーの言う「簡単」が私には全然簡単ではなかった
(はせぴーはエアコンを自分で取付けられるそうです)ので、
これからゆっくりやろうと思います。

詳しく見る

息子と東京旅 2019年09月24日

※スタッフの名前が、ニックネームに変わりました。

 

こんにちは!
紙コップ担当のコウです。
先日、主人と母と1歳になったばかりの息子を連れて、
東京へ遊びに行きました。

息子は初めての長距離移動、
さらに家以外の場所で二泊もする予定だったので
少し心配していましたが、終始ハイテンションで楽しんでくれました。

そんな息子の旅先で印象に残った行動を書きたいと思います。

 

・初めての電車
電車が近づくと指をさして「あ!あ!」と大興奮。
家のおもちゃと同じ形をしていると気付いたのでしょうか?
電車の中に入っても、
すべてを目に焼き付けようと一生懸命周りを見渡していました。

 

・エレベータのボタンは僕が押す!
東京では電車移動なので、
ベビーカーで一日に10回ほどエレベータに乗りました。
ボタンを押すことを覚えた息子は、
最初は赤色の「緊急時呼び出し」を押そうとしましたが、
少しずつ「これを押して」と指示が分かるようになりました。

 

初めての東京でしたが、
結局息子が興味をもったポイントは意外と身近なものでした。
でも、少しは非日常を味わってもらえたと思います。
これからも時々一緒に旅行をしたいです。

私の母と息子、浅草での一枚

詳しく見る

地元の夏旅 2019年09月17日

※スタッフの名前がニックネームに変わりました。

 

こんにちは。
販売企画のこまちゃんです。

夏になると、
中学時代の友人と旅行に行くのが恒例になっているのですが、
年齢が上がるにつれ、なかなか予定が合わなくなってきました。
今年は今までで一番近くの旅先、地元の滋賀県米原に決まりました。

 

久々に会える友人と、
とにかくいっぱいおしゃべりしたらそれで充分と思っていたので、
観光には何も期待していなかったのですが、
訪れた「ローザンベリー多和田」が
予想外にすごく楽しかったのでご紹介します。

 

ローザンベリー多和田は、
米原駅から車で15分ほどの所にある、イングリッシュガーデンが美しい施設です。
残念ながら今回は真夏のためバラは咲いていませんでしたが、
春はバラとラベンダーがすごくきれいだそうです。

室内外の什器は本物のイギリスのアンティークを使っていて、
しかも購入できるように値札がついていました。
アンティーク好きな私としては心躍りました。

そして、「米原にこんな素敵な施設が・・・!」と一番驚いたのは、
イギリスアニメの「ひつじのショーン」の家です。
最近オープンしたそうですが、
アニメの世界がそのまま現実になったような施設で、
米原の自然を背景に、本当のイギリスにいるみたいでした。
(イギリスに行ったことはないので勝手なイメージですが)

私も友達も展示物のあまりの可愛さにショーンの虜に。
絶対グッズを買って帰ろう!とショップをのぞくと、
なんと羊毛フェルト作り体験なるものが。
迷わずショーンのマスコットをみんなで作りました。

あーだこーだ言いながら真剣に羊毛をチクチクする時間は
とても楽しかったです。
出来上がりも各々「うちの子が一番かわいい」とご満悦でした。
なんだか学生時代に戻ったようで、
会うだけで気持ちが当時に戻れる友人は、
とっても貴重だなと改めて思いました。

 

来年はどこへ行けるかな。どこへ行っても楽しいだろうな。

詳しく見る

夏バテ防止 2019年09月05日

※スタッフの名前がニックネームに変わりました。

 

物流担当のまっつんです。
ある金曜日の夜に、大学時代からの友人たちと
ニンニクもりもりの焼肉に行ってきました。

知る人ぞ知る、名古屋の名店、馬力屋さん。
名物は「ニンニクさがり」です。

東京に住んでいるメンバーも帰省したらここ!な、
一度食べたらやみつきの味。

赤ちょうちんが出迎えてくれるお店の雰囲気も独特で、
くせになります。

翌日の土曜日、私は出勤でしたが、
電話でのご注文受付なのでお客様の迷惑にはなりません!
安心してニンニクを楽しみました(同僚のみんな、ゴメンナサイ)。

この調子でスタミナを回復しながら、
残暑を乗り切っていきたいと思います。

詳しく見る

ノリクライム 2019年09月03日

※スタッフの名前が、ニックネームに変わりました。

 

商品企画のくのっちです。
先日、乗鞍岳を自転車で登ってきました。
自転車で登ることのできる日本一高い場所です。

乗鞍の頂上に向かうエコーラインはマイカー規制が行われており、
バス、タクシー、自転車そして徒歩しか通行できないようになっています。

トレーニングをしたり、景色を楽しみながらのんびり登ったりと、
色々な楽しみ方ができるこのコースは、
自転車乗りにとってとても人気があります。

自転車乗りはこのコースを走ることを、
親しみを込めて(畏怖の念を抱いて?単に語呂がいいから?)
「ノリクライム」と呼んでいます。

 

そこで、普段から一緒に走っている仲間が集まり、
総勢50名くらいで乗鞍の麓のバスセンターから出発して、
頂上付近の畳平まで約20kmの道のりを登り続けました。

 

20kmといっても平坦な道ではなく、
乗鞍岳頂上に向かう激坂が延々と続きます。
ヘアピンの度に訪れる急勾配、ペダルが前に踏めません。

2時間近く登っていると、
次第に森林限界に達し、一気に視界が開けます。
それまでの疲労が見事に吹き飛ぶ絶景です。

今回で3回目のノリクライムですが、
毎回この景色と感動を味わいに来ているといっても過言ではありません。
そこから30分くらいで頂上畳平に到着です。

年に一度のビッグイベント。
登った直後は、「来年はもっと楽に登りたい!」と
トレーニングに励もうと決意するのですが、
仕事を終え家に帰るとすぐ缶ビールに手が伸びてしまいます。
この季節、ビールの誘惑には勝てませんね。

こうやって来年のノリクライムもまた過酷になることでしょう。

詳しく見る

好きな動物ランキング 2019年08月28日

※スタッフの名前が、ニックネームに変わりました。

 

初めまして!今年4月に入社しました、総務のゆまと申します。

8月も下旬になりますが、まだまだ暑いですね。
そんな中でも夏休みシーズンということで、
動物園や水族館に行かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
私は小さい頃から動物が大好きで、
学生の頃に北海道の旭山動物園へ1人で行ったり、
水族館に泊まったりしたこともあります。

色んな生き物がいる中で、惹かれる動物って人によって様々ですよね。
私がP.D.R.に入社して間もない頃、
社員の皆に好きな動物を聞いてみたことがあります。
その結果がこちらです。

やっぱり人気は犬。
飼っているという方がほとんどでダントツ1位でした。
猫はちょっと面白いことに、一般的な動物ランキングよりも、
P.D.R.社員は好きな人が少なかったんです。

最近、犬系男子や猫系女子という言葉もありますが、
この結果もP.D.R.の特徴のひとつなのかも…?

その他の中には、
チンチラ、カメレオン、人間、などがありました。
好きな動物が人間って、なんだか素敵だなと思いました。

ちなみに私の好きな動物は鳥です。
大学では鳥のさえずりを研究するほどの熱の入れようでした。
これがとっても奥深いんです!
が、話すと長くなってしまうので
またの機会にお話できたらと思います。
今後ともよろしくお願いします。

詳しく見る

ヒマな母 2019年08月22日

※スタッフの名前が、ニックネームに変わりました。

 

こんにちは、歯ブラシ担当のサクです。

足が痛い足が痛いと何年もボヤいていた母が、
今年7月、ついに手術をしました。

1つは外反母趾、もう1つはリスフラン関節の軟骨が
擦り減っていたのでその修復です。

命にかかわるような手術ではありませんが、
骨やら血管やら神経やらが絡み合う部位のため、
手術時間も長かったし(7時間)、入院期間も長かったです(1ヶ月)。

母は、術後1週間は患部を痛がっていましたが、
それ以降は痛みは取れて、ギブスだけが残り、
ずいぶんヒマだったようです。

父は頻繁に会いに行っていたし、
娘達もお見舞いに行ったり、電話で話したりしていましたが、
それぞれ働いているので、母のヒマを埋められる程ではありません。

 

さて、ヒマをもてあます母から送られてきた写真の中で、
もっとも脱力したものを1枚↓

母曰く「ムーミンとギブスは似てる」だそうです・・・。

 

 

母はまだ松葉杖をついてリハビリ中ですが、
快復したら一緒に山に行きたいです。
(私も山に登りますが、20年前の母の山行は私の比ではありません)

 

今から楽しみです。

詳しく見る

藍染体験 2019年08月08日

※スタッフの名前が、ニックネームに変わりました。

 

先日、家族で「藍染」を体験してきました。
「できあがったときに白くなる部分を、縛ったり挟んだりします。」という
説明を聞いて、作業開始です。

 

白いハンカチを折って、割り箸で挟んだり、輪ゴムをぐるぐる巻きにしたり、
洗濯ばさみで挟んだり…。
思い思いに、できあがりを想像しながら作業しました。

次に、ハンカチを水によく浸しました。
そして、いよいよ藍染の液に入れます。
瓶のフタをとると、不思議な緑色をした液体が入っていました。
そして独特のニオイが・・・
子供たちが「クサイクサイ!」と騒いで楽しそうでした。
中に白いハンカチを入れると・・・藍色でなくて緑色!
たまにかき混ぜながら15分ほど瓶の中に漬け込んだあと、
ハンカチを取り出して空気に触れると、じんわりと青くなってきました。

色止めの液の中に入れると、どんどん濃い藍色になりました。
ところどころ残った緑色が、徐々に濃い藍色に変化していくハンカチを眺めて
今度は子供たちが「キレイ!」と目をキラキラさせました。

 

今回は、昔ながらの工程よりは簡単な「体験バージョン」だったのですが、
藍染の液が青ではなく緑色であること、くさいこと、
だんだん色が変わっていくこと、体験してわかることが沢山ありました。
自然にあるものを活かした先人の知恵はすごい!と、
家族みんなで実感しました。

詳しく見る
1 / 7912345...102030...最後 »

カタログ請求や、商品についてのご質問は問い合わせフォームでお気軽にお問い合わせください。メールまたはお電話にて返答させていただきます。お取引は日本国内の歯科医療機関、歯科技工所に限らせていただきます。

お問い合わせ内容必須 カタログ請求商品についてその他
事業所名必須
※カタログ請求につきましては、歯科医療機関、歯科技工所の方に限らせていただきます。
ご担当者様名必須
※フルネームでご記入ください。
電話番号必須
※繋がりやすい番号をご記入ください。
メールアドレス必須
備考
※こちらにお問合せ内容をご記入ください。

以上の内容で送信します。内容をご確認の上、「送信する」ボタンを押してください。