アメリカサイズ

こんにちは。総務のナカムーです。
※スタッフの名前がニックネームに変わりました。

 

暑い日が続く毎日ですが、私は最近水分補給をしっかりするため、
1L入りのマイボトルを会社へ持ってくるようになりました。
ボトルは1Lも入るぐらいなので、大きめで中々の存在感があります。
そんなボトルから水を飲んでいる時に、
ふと大学生時代のエピソードを思い出しました。

 

私はアメリカの大学に通っていたのですが、
1コマが4時間ぐらいある授業がありました。
長時間の授業が始まる前に水分補給と眠気防止のため、
校内にあるお店にカフェラテ(ブラックコーヒーは苦くて飲めない)を
買いに行きました。

 

普段はSサイズを飲んでいましたが、
授業が長いこともありMサイズを買うことにしたのですが、 
出てきたサイズに驚いてしまいました。

ご存知の方も多いかもしれませんが、アメリカのサイズは日本より大きめです。  
Mサイズでこんなに大きいのか!と驚いていたのですが、
実は店員さんがご厚意でLサイズを作ってくれていたのでした。
それでも、日本でもLサイズを頼んだことがなかった私には、
アメリカサイズのLサイズにびっくり。重さもずっしりとしていました。

 

最初のうちは美味しく飲んでいたのですが、
普段飲みなれていない私は氷が溶けるスピードに飲むスピードが勝てず
最後の方は溶けた氷でカフェラテが薄まってしまい、
あまり味がしませんでした。笑
Lサイズに変更してくれたのはとても嬉しかったのですが、
最後まで飲みきれず申し訳ない気持ちになったのを覚えています。

 

留学中は、日本とは異なる文化の中で生活していたので
色々と興味深い体験ができました。
今後も折を見てご紹介できればいいなと思います。

この記事を
書いた人

おすすめ商品

季節柄紙コップ

新柄が出るたびにわくわくしています。季節ごとに変わる限定デザインがお気に入り!