M1グランプリ

こんにちは。オンライン課のアベンヌです。
※スタッフの名前はニックネームで記載しています。

早いもので今年も1年終わってしまいますね。
私にとっての冬の風物詩といえば、M1グランプリです。

幼少期からお笑いが大好きで、漫才の賞レースは欠かさずチェックしていますし
劇場にお笑いを観に行くこともあります。

賞レースは沢山ありますが、なんと言ってもM1は格別です。
日本一の若手漫才師の頂点を決める大会であり、
無名の漫才師でも優勝すると一夜にして人生が変わると言われています。

そんなビッグドリームを掴むべく、全国各地の若手漫才師たちが繰り広げる熱き戦いには、
毎年胸を打たれるものがあります。
優勝候補に上がっていたような実力派コンビでも、3回戦敗退なんてことがザラにあります。
私の推しのコンビも敗者復活戦で惜しくも散ってしまいました。
(推しは『マユリカ』と『ヤーレンズ』です。)

そんな険しい戦いの中、先日新たなチャンピオンが決まりましたね。
ネタバレになってしまうといけないのであまり細かくは書きませんが
時代に逆行しても己の毒舌漫才スタイルを貫いた姿が
おもしろいを超えてかっこよかったです。

視聴者からは早速賛否両論の声が上がっていますが、
私は一お笑いファンとして応援したいなと思います。
(もっと細かくネタについて色々言いたいですが、素人が笑いを分析すると
皆目見当違いになりそうなのでこのあたりで。)

終わったばかりですが、来年のM1グランプリが今から待ち遠しいです。

この記事を
書いた人

おすすめ商品

マスク ミミラクダ立体型

一日中つけていても耳が痛くないことに感動。立体型は口元に空間ができるため、しゃべりやすく、口紅がマスクにつきにくい所もお気に入りです。