「自分はちいさい人間!」と思う瞬間

みなさん、こんにちは!
コールセンターのやまぴーです。
※スタッフの名前がニックネームに変わりました。

今回はふと気づいた、
「自分はちいさい人間!」と思う瞬間について書いてみます。

その1:自転車に乗っていて・・・
信号のない小さな交差点で車と鉢合わせしたとき。
いつも全然人や車が通らないのに、
なぜ私が渡ろうとするタイミングでだけ車が来るのでしょうか。
あと3秒ずつ早く(遅くでも)来てくれたら、
私はこの交差点をするするとノンストレスで通り過ぎたのに。
キキッとブレーキをかけるその瞬間、「ちっ」と思い、
次に、そう思った自分に「自分、小さいなあ」と思います。
とはいえ、「ちっ」と思ったことも、
せいぜい5秒くらいで忘れてしまうのですが。

その2:トイレに行って・・・
たくさんの個室が並ぶ中、「あそこに入ろう」と決めて通路を歩いていたら、
私が選んだ個室だけ水が流れていた=他の人が使ったばかりだったとき。
胸の中が一瞬だけ「ざわっ」とします。
こんなに空いているのに、
なぜ前の人は私の部屋(笑)を使ったのでしょうか。
そして、かすかな敗北感?はずれを引いた感?
を抱えながら、その隣の個室に入る私。
さっきの「ちっ」が5秒だとしたら、この「ざわっ」は3秒くらいでしょうか。

自分の人間の小ささを大声で叫んでいるようで恥ずかしいのですが、
でも、絶対に共感してくれる人はいるはず!と思って書いてみました。
ツボが同じ方がいてくれたら嬉しいです。

この記事を
書いた人

おすすめ商品

薬用ハミガキ ペルデンティ

刺激が少ないのに、磨いたあとはすっきりツルツルです! ホワイトニング成分や歯周炎予防、フッ素配合など。私の気になる機能もバッチリです。